スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の風物詩

皆様


信じられない猛暑も一段落しましたね。
虫でございます。


番人ならぬ番兎、ポっちまさん



爆睡です(笑)



さて、本日は研究室の近くの熱帯魚店に行って参りました。

こちらのお店は日本産淡水魚を多く扱っておられます。

そして、購入しましたのはコチラ!!!



金魚

えっ?夏の風物詩ですって?


いえいえ、こちらは

夏の風物詩の餌

でございます。

はい。

夏の風物詩といえばこちら!



そう!タガメです!

まぁ、そんなのが風物詩なのはマイノリティのマイノリティですけどね(笑)

そろそろブリードのために餌をふんだんに与えます。

ドジョウでもいいのですが、この時期、ドジョウは脂肪が多いせいか、管理が難しくなるのです。


さぁ、セットはいつしようかなぁ。。。










↓ポチください!!!

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村







今日も閲覧、及びポチ、ありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト

水中放卵

皆様


紅葉も色づいて参りましたね。
美しいです。


さて、今日、タガメ、Lde112013が水中放卵ました。

水中放卵とは?

タガメは卵を水上の枝や稲の茎に産みつけるわけです。

が、中には交尾できない場合もあり、その時は時間がたち、使えなくなった卵を水中に捨てるのです。

それが水中放卵です。



水中放卵された卵

不可解なのは時期。

タガメの産卵は夏。

すでに時期は相当はずれています。

壊れた温室を修理中のカブトムシ達と一緒にしていたため、20度の環境での飼育となり、勘違いしたようです

気をつけとかないと体調崩しちゃいますね(^^;)

そんなタガメちゃんでした。





↓記事が気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

冬場の注意点

皆様


昨晩は凄い雷でしたね。眠れましたでしょうか?



ようやっと交換の携帯が届き更新できそうな虫ですw

と、昨日、家に帰りますと大変な事態が!!!!!

Lde112020(タガメの今夏の野生個体)が沈んでいたのです!!!

IMGP0683s.jpg


死に掛けている!?!?

水中に棲む彼らですが、呼吸は水面から出すお尻にある呼吸管でしているため、沈んでいると呼吸できません。

つまり、何かのっぴきならない事態が起こったということ。

覗くと案の定油膜が水面に張っていました!!!

油膜が張るのは水面にふたがされた常態!!!!!

呼吸困難です!

あわてて水換え!

様子を見てるとふらふら……

IMGP0684s.jpg
Lde112020

呼吸開始!!!!

よかったぁ。

タガメは夏に比べれば少ないとはいえ、冬でも水を汚します。

飼われる方はこまめにチェックしましょう

IMGP0685s.jpg
復活した112020


↓記事が気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

タガメの飼育

皆様

涼しくなってきて、外はすっかり秋の様子ですね!

本日は、我が家の管理名、Ldeことタガメをご紹介します!!!

タガメ1
我が家のタガメ

本種説明
学名:Lethocerus(Kirkaldyia) deyrollei
日本に住む最大の水生昆虫。
環境省のレッドリストで絶滅危惧II類(VU)に指定されている
野外では主にオタマジャクシやドジョウを餌とするが、最近では,私を食べようとしてきたマムシも捕食するとされる(大庭 2012)
その他、ドジョウトリムシとも呼ばれており、待ち伏せ型の肉食昆虫である。
体長は50~75mmでメスが大型。産卵は水面に出た杭や稲の茎に卵塊でされ、雄が保護する。
呼吸はお尻にある呼吸管を使う。

この子達はストロー状の口である「口吻」から神経毒入りの消化液を獲物に注入し(Rees&Offord 1969)相手をわずか数分で動けなくして、骨と皮を残して吸い尽くしてしまう

成虫飼育方法
飼育自体はそんなに難しくないが、面倒!!!
餌は基本的に生きた魚や蛙。鳥ささみも食うが、動いていないといけないので、目の前で振らないといけない

また、先述のとおり呼吸管が空気中に出ないといけないので、掴まれる足場(水草など)と開けた水面がいる。
つまり、肉食なので当然、死んだ魚の皮は出るが、この油が水表面を覆うと、数日で死ぬw

私は毎朝、毎晩確認し、餌を食べ終わって捨てているのを見たら、その場で水を換えている。

飢餓耐性は高いので一月ほど食わなくても大丈夫みたいだが、あくまで緊急時の話なので、我が家では三日に一度、ドジョウをあげている。
また、冬眠中(11~4月)は餌を食べないので、念のためにドジョウを一匹だけ入れ、汚れたら水替えをしている。

ちなみに、餌はネットで一キロ3000いくらで売ってるものを我が家ではストックしている。
飼育風景(餌ドジョウ)
ストックドジョウ

野外では冬眠は草や泥の下で行うといわれていますが(橋爪・宮武 1994)、飼育下では夏場と同じ水槽で水が凍らなければそのまま放置できます。
ただ、冬眠しないと翌年産卵できない(Hashizume&Numata 1997)ので注意してください。

勿論共食いするので単独飼育。が、スペースはとらないので、繁殖期を覗いて我が家では一般的な虫かごのミニや1500ccブローケースに入れてます。
飼育風景(タガメ)
飼育の様子

幼虫飼育や繁殖方法はまたの機会に!



私がタガメを知ったのはいつだったか覚えていない。
ただ、凄く面白そうな生き物だと思ったのは確かだ。

その後10歳のとき、タガメの研究をしているHさんと知り合い、累代をはじめたのが運のつきはまってしまい、今まで続けている。

主人に威嚇したり、毒を入れようと刺そうとしたりして来るところを除けば可愛い虫だ(……うんw)

皆様も、もし野外で見つけて、飼育する覚悟がある場合は飼育してみてはどうでしょう?(絶滅危惧種ですから、覚悟と愛が無ければやめてね!)
タガメ2





参考文献
HASHIZUME, H. and H. NUMATA (1997) Effects of Temperature and Photoperiod on Reproduction in the Giant Water Bag, Lethocerus deyrollei(VUILLEFROY) (Heteroptera: Blastomatidae). Jpn. J. Ent, 65(1): 55-61.
大庭伸也(2012)野外におけるタガメによるニホンマムシの捕食事例. 昆虫(ニューシリーズ), 15(2):92-93.
宮武頼夫・橋爪秀博(1994)タガメの全て -水生動物との共生を願って-. トンボ出版, 大阪.
プロフィール

虫

Author:虫
大学院で虫を研究し、家で虫を飼う虫馬鹿。
ちなみに幼虫。

時たま昆虫飼育に役立つのかどうか分からない科学解説をします。

お客様
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。