スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クワガタにおける菌類輸送

皆様


虫でございます。
さて、今回は飼育に役立つ論文紹介です。


初めにこちらをお読みください。
当カテゴリにおける注意事項


クワガタの消化に使われる腸内共生細菌のお話です。


さて、今回は

「Discovery of mycangia and the associated xylose-fermenting yeasts in stag beetles (Coleoptera: Lucanidae)

Masahiko Tanahashi & Kôhei Kubota &
Norihisa Matsushita & Katsumi Togashi

Naturwissenschaften (2010) 97:311–317


という論文の紹介です。

邦訳するなら
「クワガタにおける菌嚢とキシロース分解酵母の発見」
といったところでしょうか?

クワガタの幼虫が木材のセルロースなどを分解するときに腸内に寄生させたの微生物に分解させているのはご存知だと思います。

しかし、この手の細菌は自然界には低濃度でしか存在できず、それを幼虫が集めて共生させるとは考えにくくないですか?

でも、生まれたての幼虫が体の中で作るなんてもっと考えにくいですよね?(というか自然発生説だしwww)

その微生物がどこ由来なのかを示したのがこの論文です。

簡単にまとめますと

①共生微生物を親から子へ伝える生き物は多く、それは菌嚢と呼ばれている。

②クワガタの雌(国産22種)でこの菌嚢が存在する。

③この菌嚢の中の酵母はキシロース(木糖ともよばれ、木材の主成分の一つであるヘミセルロースの構成物)分解能をもつ。


という三つが示されています。

つまり、消化に用いられる微生物のうち少なくとも一つは母親譲りだと考えられるのです。





ここからは私の意見ですが、これで親と子の菌糸やマットの銘柄をそろえたほうがいいというブリード界のまことしやかな噂はそれなりに正しそうなことは説明できます。

つまり、様々な生き物で食べ物の組成によって腸内微生物の数や種類が変わることは知られていますから(たとえばTanaka et al. 2006)、親の幼虫時代の餌を分解しやすいようにできた菌の組成が子供に伝わっていると容易に想像できるのです。

もちろん、この論文で単離されたのはキシロース分解能をもつ三種の酵母だけですが、これだけをみてもできればマットの質やメーカーは安定が求められるのですね!!!









ポチお願いします。!!!

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村



本日も閲覧及びポチ、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Newカテゴリについて

皆様





ここでは、実際に投稿された科学論文からクワカブ飼育に役立ちそうな論文を紹介したり、生物学の基礎的なところの解説をしたく思っております。

英語の論文が多いのでそこは私のつたない文章で申し訳ないですが和訳させていただきます。



注意事項

少なくとも論文の著作権は著者と発行元にあります。
ですので、Abstract(一般に公開されている要約)以上の内容は必要ない限り書きません。

また、論文の内容と私の見解や考察は分けて書きますので、閲覧される方もそこの違いは理解ください!!

Abstract以上の内容で重要な内容は私の考察欄に引用という形で書きます。

ここの文章を股引きする場合は原文のタイトルと著者等及びできればここのURLを書いてくださいませ。


以上のことを踏まえた上で参考にしてください!


近況

皆様



寒いですね。冬眠したくなってきました。
虫でございます。

ここのところ、ブログほったらかしでした。

なかなか忙しく書く機会を逃しまくり。。。

近い内にまた書くので、お暇でお暇で仕方なければ見てくださいませ。













ポチお願いします。!!!

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村



本日も閲覧及びポチ、ありがとうございます。
プロフィール

虫

Author:虫
大学院で虫を研究し、家で虫を飼う虫馬鹿。
ちなみに幼虫。

時たま昆虫飼育に役立つのかどうか分からない科学解説をします。

お客様
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。